kurul kayası(クルル岩)




やっとヤイラでの収穫が終わって家に帰る日がやってきました。

先週の木曜、夕方家を発って金曜から収穫し始め、今週の月曜に終わりました。計4日間の収穫作業(ちなみに火曜日は親戚の畑をお手伝いしたので、帰って来たのは水曜日。)。収穫自体は淡々としているので意外と大丈夫なんですが、ヘーゼルナッツ畑に行くときと帰るとき、、、道が、長い長い・・・。畑も山なので道と言う道ではなく、ケモノ道??お陰で足とお尻がキュッと引き締まりました。収穫の際、枝を引っ張るので二の腕と背中の筋肉もイイ感じに筋肉痛です
トイレも家まで帰ってられませんから・・・

ご想像にお任せします



さて、家に帰る道中でオルドのちょっとした観光地を通ったので(何度も通ってたけど、霧がかかっていたり夜だったりで写真に収めてなかった。)、ご紹介したいと思います。

『kurul kayası(クルル岩)』です。





写真ではちょっと遠いんですが、右の方にちょこんと尖った岩が突き出ている場所がそうです。
以前行った時は霧がかかり残念な感じでしたが、その時の写真を載せたいと思います。山の途中まで車で行き、途中から頂上まで階段を登ります。これも何段だったかは忘れましたが、写真にある階段を登りきったら折り返し地点でした


20042_106477629368315_100000182361461_176691_1973893_n_convert_20110916140459.jpg


あ~~、これも残念な感じ。。。
霧で全く見えてませんが、柵の向こう側に突き出た大きな岩があります。


20042_106477706034974_100000182361461_176697_4612244_n_convert_20110916140636.jpg


晴れてるとこんな感じ。


クルルカヤス2_convert_20110916195215


ここに行くまでに、未だに何メートルか分かっていない池?みたいな水たまり?があったり、下まで続く洞窟階段(何かを発掘した時のものらしい)があったりと、田舎にある観光地です。


20042_106477809368297_100000182361461_176703_4621822_n_convert_20110916140721.jpg


この日は残念ながら自分たちの荷物を運ぶので精いっぱいなので、観光どころではありませんでした(汗)。

うちらのヘーゼルナッツと荷物を運んでくれたダユ(お母さんのお兄さん。つまり伯父さん。)の車。


2011_0914_084735-DSC02290_convert_20110916032927.jpg


家に帰ったら帰ったで、チャイの準備やお昼ご飯の準備(冷蔵庫は空っぽなので)、洗濯物(これは一日3回洗濯機をまわして、3日目に突入し終わりました)、持って帰ってきた荷物の整理でクタクタ。。。


話は「収穫」と「観光」と行ったり来たりですが(汗)、、、この『kurul kayası(クルル岩)』はオルドの市街地から20kmほどのBayadı Köyü (バヤド村)にあります。近くにはメレット川も流れる景色がキレイなところなので一度足を運んでみるのもいいかと。


ただし、階段上り下りがキツイので運動靴はMUSTです。




ポチっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

çambaşı yaylası(チャンバシ高原) その②




チャンバシの町をくる~りと散歩していると、アンネが「この草、食べれるのよ。」と言って下に生えている草をむしゃむしゃ食べ始めました。「てか、雑草・・・?」と思いましたが、食べてみると意外や意外、エリッキ(スモモ)の味がして美味しかったです。サラダとかに入ってたら美味しいかも。

名前は不明。





「寒~い!」と言って(口実?)、暖をとるためお肉屋さんに入り、キョフテを買うことに。
なんでもチャンバシは羊の肉や牛肉など新鮮なお肉が手に入るのでおいしいと有名なんだとか。(でも、牛肉のキョフテを頼んだのにお店のお兄ちゃんが間違って羊のキョフテを包んでしまったので、家で焼いて家族みんなビックリ!普通の肉はジンギスカンみたいな感じで美味しいのに、キョフテになった瞬間、匂います・・・。この匂いが好きな方は是非「羊のキョフテ」をご堪能ください。)


2011_0812_140803-DSC02029_convert_20110817044151.jpg


帰り道では家から持ってきた空の容器に山の天然水を詰める作業♪
結構こういうタダでいただける自然の恵みって大好きです。『bağırtan çeşmesi(バールタン・チェシュメシ)』という場所で、本当に冷たくて美味しい軟水でした。


2011_0812_150431-DSC02050_convert_20110818044523.jpg


石で出来た椅子とテーブルがあり、天気が良ければここでくつろげるようになってます。
ちなみに写っているのは親戚のお兄ちゃん。


2011_0812_150444-DSC02052_convert_20110818045113.jpg


チャンバシに行く途中で即売していたのを見かけたアンネは「見かけたら寄ってちょうだい。パンジャルを買うわ!」。パンジャルとは別名『カラ・ラハナ(黒キャベツ)』といい、日本語にすると『ケール』になるみたいです。青汁とかに入っているらしい。パンジャルというのはオルド訛りです。

ちなみに『ベヤーズ・ラハナ(白キャベツ)』は日本で言う普通のキャベツ。こちらの黒海地方ではパンジャルがメジャー。

こんなところでお客はくるのか?というような場所でやってました。


2011_0812_151803-DSC02053_convert_20110818132253.jpg


看板なんて無し。屋根すらありません(笑)。

でもこういうところの方が自分たちで作った新鮮な野菜を安く売っているのでいいんです
これ、パンジャル↓。一束、1リラ。


2011_0812_151818-DSC02054_convert_20110818133223.jpg


他にもレタス・ニンジンなんかも全部、一束1リラ!安い!!
いろいろとおまけをしてくれてそれでも1リラというので、アンネが「ありがとう」と言って2リラ渡したら、「なんなの、これ?じゃ、これもおまけするわ!!」と言ってさらにレタスをもらっちゃいました。こんなんで儲けはでるのか!?おばちゃん!!(でも、ありがと。家に帰ってパンジャルはさっそくトゥルシュになりました)


2011_0812_151926-DSC02056_convert_20110818135324.jpg


そして、何箇所かある水場のうちの一つ『Gıligıli(グリグリ)』。名前もかわいくて覚えやすいですね~♪ぐりぐり~~~♪♪


2011_0812_153030-DSC02060_convert_20110818135816.jpg


でもこの日は黒海地方で大雨。ここの水には雨の影響で色がついてました。山らしくうっすらミドリ(笑)。香りもちょっと青臭かったです。チャンバシ近くの上の水場『bağırtan çeşmesi(バールタン・チェシュメシ)』は雨が降っても色もなく全くクセがないお水でした。

トルコの水道水には「石灰」が含まれているのでヤカンとかでお湯を沸かすと内側に白く後が残るんですが、この山の水はいくら沸騰させても(同じ水を何回やっても)後が残らないという、本当に澄みきっている水でした。標高も高いのでお水もキンキン。極端に日が照らないので葉っぱものの野菜も柔らかく甘かったです(うちらの畑のレタスはもう大きくなりすぎで苦味が出たのでババの手によってキレイさっぱり片づけられました)。やっぱ、こういう水で育った野菜は違いますねー。

チャンバシは夏でも涼しいので夏の観光スポットには最適です♪

ちなみに冬場はとてつもなく雪が降るらしいので、観光するなら春~夏にかけてののラマザンじゃないときがおススメ。



ポチっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


çambaşı yaylası(チャンバシ高原)





一週間前のaskımの休みの日、アンネたちのヘーゼルナッツ畑の様子をみにいこうということになり、ドライブがてらアンネの村に行ってきました。

こんな雨の日に。





道路なんて川みたいに流れてます。でも車はそのままつっこみます。
askımの休みは週に一回で、収穫まで時間がないので今日しかない!とそこを強行突破。


2011_0812_090952-DSC02014_convert_20110817034915.jpg


アンネの村はヨクシュディビという村なんですが(以前『親戚の家でラマザン』で書いた村)、やっぱりうちらが住んでいる村よりはるかに標高が高いので夏でも長袖。むしろコートをはおったほうが良さそうなほど寒かったです。昔アンネが住んでいた家にはお兄さんたちの夏用の家になっていて、アンネも懐かしそうに庭をみたり家の周りを散歩してました

その後、もうちょっと先にあるçambaşı(チャンバシ)というオルドでは名の知れた高原へ。

行く途中からなだらかな山々が美しいです。


2011_0812_133211-DSC02019_convert_20110817040716.jpg


ちょっと天気がよくないのが残念でしたが。


2011_0812_133201-DSC02018_convert_20110817035522.jpg


だいたい1時間ぐらいのドライブのあと、着きましたー!チャンバシ!!

チャンバシの町並み。


2011_0812_135959-DSC02024_convert_20110817040942.jpg


なんてこと無いフルンジュ(パン屋さん)なんですが、なんとなくチャンバシって書いていたので撮ってみました。


2011_0812_140019-DSC02025_convert_20110817042539.jpg


こちらは、カサップ(肉屋さん)。
お店の右下の方に「あ、犬が寝てる~。」と言ってよくみたら、上にビニールぶくろがかぶさっていてどうも不自然、、、。ババに尋ねるとどうやら解体された羊さんのようでした・・・。さすが肉屋さん、どこまでもリアルです。


2011_0812_140036-DSC02026_convert_20110817042921.jpg


こちらは日常雑貨&お土産屋さん。


2011_0812_140049-DSC02027_convert_20110817043158.jpg


かわいい山羊のぬいぐるみが置いてありました。


2011_0812_140104-DSC02028_convert_20110817043544.jpg


ラマザンということもあって、あまり人に活気がなく元気なのは子供たちと犬、、、という感じでした(苦笑)。

チャンバシの風景。


2011_0812_144721-DSC02037_convert_20110817153115.jpg


2011_0812_145112-DSC02044_convert_20110818040749.jpg


今では家々があちこちで建ち一つの町(観光地として)となってるようですが、以前は家も少なく大自然でいっぱいだったらしいです。羊飼いたちは夏になるとこういうヤイラ(高原)へ羊や牛たちを3~4日歩いてつれてくるんだそう。冬の間はうちらの家の周りに来ていた羊たちもすっかり見なくなったので、きっとここらのどこかにいるかも?

晴れているとこんな感じらしいです。


images (1)  images (2)  


images (3)  images (4)


美しいいですねーーー!

癒されます。


ポチっと押していただけると嬉しいです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

☆広告☆
プロフィール

ay love yildiz

Author:ay love yildiz
トルコ黒海の町オルドへようこそ!

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
free counters
ナザルボンジュウ
世界のお守りブログパーツ
フリーエリア
訪問者
現在の閲覧者数:
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
お小遣い稼ぎ
まず始めるなら↓     手軽にアフィリエイト↓       貼るだけ↓ リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム
アンケート